絵画の修復

絵画の館

日本では、まだまだ少ない絵画修復士

名画たちは今も色あせることなく存在しています。
これらが長らく存続できるのは、絵画修復士の存在が大きいと言えるでしょう。
絵画修復士とは、傷んだり劣化したりした絵を修復する仕事を専門に行っている人々のことです。
美術品の扱いは非常に難しく、個人で絵を保存するには限界があります。
そういった人の代わりに絵を治してくれたり、保存状態をよくしてくれたり、絵の現状維持を第一に考えた業務を全うしてくれます。
他にも有効な保存方法をレクチャーしてくれたり、定期的に見に来てくれることもあります。
また、美術館などに飾られた絵画を復元するのも彼らの仕事です。
復元しなければならない絵を自分たちの工房に持ち帰り、防腐加工を施したり劣化状況に応じて手を加えたりします。
工房ごとに扱っている絵の種類や大きさ、専門分野なども異なるため、依頼をするときは工房側に確認をとっておきましょう。
これらの作業には緻密さと正確さが求められるため、何年もその仕事を続けているプロ職人にお願いしましょう。

絵画の修復の重要性と
作業に関する注意点について

美術品の一種である絵画は地域や年代を問わず。
長い年月を経て多くの人に親しまれています。
その一方で保存状態が悪いと変色やカビの発生、虫食いなどの損傷が生じることがあります。
特に使用している塗料の性質によっては激しい経年劣化が生じることがあり、元の絵が判別できない程傷んでしまうこともあります。
歴史的価値が高い貴重な美術品の喪失を防ぐために、古い絵画は専門技術に基づいた修復が行われることがあります。
修復作業は単に傷んだ部分を目立たなくするだけではなく、元の絵の質感を再現することが重要なポイントになります。
古い絵画の中には現在では使用されていない塗料を用いている物が多く、塗り方が不明な物もあることから出来るだけ作成当時の塗料を再現して使用する他、塗り方や環境を考慮することが元の絵を回復させるための心得になります。
修復作業は絵の作者への敬意を持ちながら、汚れ落としに真摯に取り組む姿勢で臨む必要があります。

Valuable information

TAGLIATOREの通販
http://www.ark-mejiro.com/brand/58/

Last update:2015/7/22