絵画の販売

絵画の館

絵画の販売について。

絵画のオークションとは、自分が持っている絵や、自分が描いたものを出品し、販売することを言います。
一般的な絵の販売は、有名な画家などが多く一般人が描いた絵はほとんどありません。
しかも、賭けられる額も億単位なのでとても買うことのできるものではありません。
これは、一般の人でも手軽にできる、インターネットのサイトに登録をすると絵を買ったり、売ったりすることができる、簡単なものです。
自分の絵に自信がある人や、自分の絵のレベルがどの程度のものなのか知りたい人、また自分の絵で稼いでみたいという人におすすめです。
1000円から1万円など、絵画の値段はピンからキリまで様々です。
稼ぎたいという人は、もちろんいると思いますが、絵で稼ぐというのは、長年絵を描いている人でも、人の心を掴むような絵の才能がなければ、その絵画には値段がつきません。
また、売ってしまった絵はもう戻ってくることがないので、気に入っているものは取っておいたほうがいいかもしれません。

自分で描いた絵画の販売と
有名な画家の描いた絵画の販売

自分で描いた絵画や有名か画家の絵画を販売もしくは買取をしたい場合には、それぞれ方法が違います。
基本的に有名な画家が描いた絵ですと、買取業者に依頼するというの一般的です。
オークションに出品するという方法もありますが、手間などを考えた場合には買取業者の方が簡単となります。
続いて、自分が描いた絵であった場合には、オークションに出品という方法もありますが、最近では個人が描いた絵の販売を代行する業者というものもあります。
このような業者では、自分の描いた絵の画像をパソコンに取り込んでデータ化して送り、業者はそのデータを元に販売し、売れたら仲介業者に絵を送り、その後に報酬を受け取るシステムになっています。
このように、有名な画家でしたら買取業者を使用すればすぐに売ることができますが、個人で無名の場合には売ることはできません。
ですので、個人同士の売買のやり取りを仲介する代行業者を利用した方が買い手が見つかりやすくなります。

Favorite

最終更新日:2017/2/10